<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

建築家って何をする人?

建築家って何をする人?
設計図を書く人?、現場監督さんに指示する人?
そうですね建築家って 建築のお医者さんであり建物を作る上の法律家でもあり
希望の予算で建物を設計していく財政マンでもあり建物を作る際のキャプテンでもあります
設計図を書いたり現場監督さんに指示もしますが、もっといろいろな事でなぜお客さんのためにお手伝いする人なのかを書こうと思っています。

次は「なぜ建築家は建築のお医者さん」か?
[PR]
by so-kobo | 2008-02-28 16:37 | 建築

道の駅

日曜日に子持ちの道の駅に行ってきました
目当ては田舎饅頭(子持と花園がおいしい)そう昔の味のまんまなのです・・大好きなんです・・・
もちろんお酒も大好きですヒヒヒ(気持ち悪い~) 
嫁は野菜やキノコなど買い重くなってくると はーいとかごを渡し運搬係を押し付けられます。
午後には雪が舞い次朝には高崎にもまた積雪が・・・
月1~2回 嫁のアッシ~君と運搬係を担当するようになりました。
今年こそは明るく元気で強い子?おじさんでまい進してまいります。

次回からは設計事務所は何をするところから建築のよもや話などを書いていきたいと思いますのでご意見等がありましたらどしどしご連絡ください。
[PR]
by so-kobo | 2008-02-27 18:32 | ちょっとそこまで

建築士いろいろ

2009年度からの一級建築士試験が変わります。
まず受験資格 
学科ではなく指定科目     建築設備士を二級建築士と同等認定
  
              実務経験要件  設計工事管理一定施工管理
                         設計工事管理に資する実務経験に限定

              一級建築士試験 4科目100問=5科目125問

2008年11月実施の建築士制度
       
       また新たに一級構造建築士
              一級設備建築士が設定されました
      
これにより一級建築士は構造、設備建築士と管理建築士の3つのセクションに成りました。
(3年に一度の講義終了後に考査、合格できない者は再度講義考査を受ける)

仕事の内容は変わりませんが責任の範囲が広がります。
同等に業務報酬規定も工事費の別から床面積の別に変更。

2007年6月からの建築確認申請に変わり建築士制度も大幅に変わります

現在においても景気の下落や確認業務の遅延によって建設業界は冷え切っております
夢のある仕事と思いこの道に入ってきましたが法律のがんじがらめに合い夢も希望もなくなってきそうです
建築士という資格があるのに確認申請を はたまた第三者機関のチェック一体何の資格なんじゃい ・・・さみしいね  国家試験の中で1番信用されない資格かも

そう言えば一級建築士のことを 足の裏にくっついた米粒と言うんだって知っている?
何で?  取らなければ歩きにくいが取っても食べられない・・・と言うらしんだ。
馬鹿だね~こんなことを言ってるから偉い人がお仕置きするんだよね

建築家をめざす若者諸君(若者は見てないか)夢?をもってガンバレ!!
[PR]
by so-kobo | 2008-02-04 19:29 | 建築