<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人生とは

先月友人が亡くなりました。まだ50台後半で、とても残念です。
いつも酒を飲みかわし語り合っていた友でした。
2、3ヶ月会わずにいたら 急な訃報が舞い込んで来ました。
人の命は本当にはかないものですね。

戦国時代の織田信長がよく舞った敦盛ではないが 
人生五十年。
下天のうちに比ぶれば夢幻のごとくなり。
ひとたびこの世に生を受け 滅せぬもののあるべきか。

解ってはいるけれどなかなか受け入れるのは大変です。
心より冥福を祈ります   合掌。
[PR]
by so-kobo | 2007-11-27 19:42 | ひとりごと

初雪

昨日 軽井沢に行ってきました 途中紅葉が真っ盛り、先週は日光、先々週は赤城と紅葉を追いかけて行ってまいりました 行くときからポツリポツリと雨ではなく巾の広い みずあとがフロントガラスに落ちていました。
アウトレットに着き車を降りると白い物がひらひら 雪だ!とつい叫んでしまいました
ついつい子供のようにうれしさを声に出してしまうおじさんでした。

コートを着てもまだ寒い 風がほほを刺す冷たさ 冬の到来だ なんだか今年は寒そう
天気も景気も底冷えのする年が来るのかな~。

夏の猛暑 異常気象 北朝鮮の静けさ 浮かれる中国 タリバンの復活 不気味なイランとアメリカそして
とどめがノー天気の日本・・・・・・
ひたひたと しのびよる不気味さを国民は知らされない。
[PR]
by so-kobo | 2007-11-19 16:39 | ひとりごと

改正基準法その2

久しぶりに書き込みをします。
前回基準法改正のその後のお話をします。
6月20日より改正された建築確認申請は国交省の思ってるとうり確認期間、設計事務所、建設業者 はたまたお客さんにも大変な状況を作ることなりました。
まず住宅においても鉄骨、鉄筋コンクリート、混構造はほとんどすべて構造計算適合性判定(構造の第三者機関)に廻されます。(2階以下木造、プレハブ、3階以下の決められた間取りのRC造のアパート(変化のある間取りはダメ)その他いくつかは除く)
これに掛かると通常 設計図を作成し構造、設備の整合性をはかりますそこでOK(約3~4ヶ月)なら建築確認になる訳ですが事前に確認申請機関と打ち合わせをしOKなら受付となります。そして費用は従来ば200㎡前後のもので14,000~19000円程度が
+110,000円加算になりますそして申請期日は70日(訂正期間は除く)
まだまだ細かいところは沢山ありますが簡単に言えば設計から確認が下りる日数は約6ヶ月~7ヶ月かかるようになり物により確認費用がとてつもなく上がりました。そして設計変更が起きた時は工事停止のうえ再度確認の出しなおしになりますので設計の段階で全ての仕様 設備などを決め建設業者を決定してから確認を提出と言うことが一番良いのです。(途中変更が出来ない)
これがお客さんのためになると言う改正です。
参考のために 新設住宅着工戸数前年対比 7月が同23.4%減、8月が同43.3%減9月が44.0%減 うち分譲マンションは74.8%減だそうです。

これを知ってかどうか最近国交省は小出しに改正の緩和を打ち出してきております。

何が偽装をさせるのでしょうか・・・よ~く考えてください。
偽装をしたらその資格者に責任を取らせることが法知国家のやり方ではないですか
それが昔の軍国主義のように全体責任ですか・・・・・なさけないね
私は今回はとても怒っております。こんなことがまかり通る国なのかと。
どうにかしてください責任のとらない政治家や国交省の皆さん!
[PR]
by so-kobo | 2007-11-01 18:59 | 建築