夜の前橋 再生はいつ?

7月9日(月曜日)使用で前橋の繁華街?に久しぶりに出かけました。
ウオーク館の駐車場から
広瀬川方向に向かいました・・・何か変な気がしたのです
時間がPM6:00と早かったのか 月曜日のせいで人通りが少ないのか 
b0102154_1656328.jpg
 
つい2,3年前は若い女性やサラリーマンのグループが肩をぶつけ合うくらいに往来し
車の往来も混雑して大変な賑わいだとおもっていました。

ところが今日は通りに一人も歩いていないのです・・・うそではないのです ゴーストタウンでもあるまいし 昨日まで七夕祭りがあったとは言え異常な光景に写りました しかし時間が早いせいだろうとおもい足早に約束の場所に行きました。

PM8:30 店を出て見るとやはり2~3人ぐらいが歩いており 他は店の従業員と思われる人たちが ”どうですか” ”どうですか” と言い寄ってくるぐらいで客らしきひとは一人もおりませんでした さすがに車だけは数台・・・が行きかっておりました。

商店街の陳腐化とは言へあまりにもひどすぎる状態です。
(高崎はそれ程でもないですが かなり近いところもありますね)
郊外店の影響は人や商店だけでなく町までも殺してゆく(少し大げさかな)のですね。

郊外の大型SC(ショッピングセンター)は開店以来一年で集客人員がすでに300万人とも言われております。

行政が悪いとは決して申しませんが・・・ 
商店街の人たちも もう少し抵抗してほしいですね。
大型ショッピング店と同じ物を売ったら絶対に勝てませんよね・・・・

町全体でひとつのオリジナルブランドを作り上げフェイスtoフェイスで接したら人はまた戻ってくるのではないでしょうか。

人はふるさとが欲しいのです お祭りがふるさとではないのです
昔懐かしい人と人のふれあいのふるさとが欲しいのです 街中の皆さんは田舎のお父さんやお母さん そんな気持ちで新しい街を形成し にこやかに人を受け入れたら街は活気を取り戻し 再生していくと思っております。

何でもコバンザメ の時代は過ぎたことを解ってほしいですね。

ちょっと意見を述べさせて頂きました。
[PR]
by so-kobo | 2007-07-11 19:26 | ちょっとそこまで
<< 旧軽井沢にて 沖縄 >>