左手の食事

1年前くらいから、ダイエットのために左手で箸を持ち食事をする事をはじめました。
最初は、箸がよじれご飯が掴めません。左手が思うように動かず他人の手で食べているようでした。
食事をするのにとても時間がかかり、やめようと思いましたが、ダイエット ダイエット~と自分に言い聞かせ何とか左手で食べられるようにしようとがんばりました。
食事の遅い女房よりもはるかに遅く、腹はへっているのにこの手が・・・イライラし食事を続けていました。
そのうちに、なれたせいかいろいろとつかめるようになり、ざまーみろヤッタとほくそえんでいました・・・・
ところが体重・・・変わりませんもう半年ぐらい続けているのに?????。結局ダイエットになりませんでした。??????原因は酒です。なんとも大きな声では言えませんけどね。
最近ではだいぶ箸の使い方がじょうずになり(自我自賛)外食も左手で箸を持ち食事をすることが不都合なく出来るようになり食事も味わうことができるようになりました。
これは・・良いのか悪いのか・・・・。
ただ、いま一つかきこみご飯がどうしても難しいのです。
納豆や卵掛けご飯は相変わらず食べにくい。 でも、そればかりという訳にも行かず、どうやら左手ダイエットは器用になれただけと言う様な結果に終わりそうです。
[PR]
by so-kobo | 2011-03-24 17:01 | ひとりごと
<< 週1冊の本 東北地方太平洋沖地震お見舞い >>