日本の問題と・・・そして観賞

先日、尖閣列島の周辺で中国の漁船と海上保安庁の問題が取りざたされていましたね。
日本は領海侵犯されて毅然とした態度が出来ないのでしょうか。
いま隣国は、領土を盾に抵抗をしない日本に対して圧力をかけている、それでも「遺憾に思う」しか言わない
これで国は守れるのでしょうか・・・日本人として心配です
自衛隊っていったい何をするのですか・・・・災害対策班?。
また経済においてもバブルがはねてずっと低迷している地方経済にさらに不景気が追い討ち。
政治屋は政党の事だけ考え、政策もビジョン何も無く、国民は蚊帳の外。
早く本当に日本を思う政治家に出てきてもらいたい(期待薄かな)。
そんなこんなで、テレビや新聞を見るのがいやになり、昨日(10月3日(日))東京に刺激を求めていってきました。最初は羽田空港に飛行機を見にいってきました(はい、乗りに行ったのではありません)、屋上で飛行機の離陸を見ているとワクワクするのです、その時、偶然にも尾翼に日の丸の付いたジャンボ機を発見しました、良かったのか悪かったのか?



b0102154_19302183.jpg



菅首相、日本もあなたの乗ったジャンボのようにはやく離陸をさせてください。(新滑走路も右奥にうっすらと見えましたが入っていく事は出来ませんでした)
その後、千秋楽前日の与勇輝氏(あたえ ゆうき氏)の作品展(H・Pは松屋のではありません)を銀座松屋に見に行ってきました。戦時中から現在までの人間模様の作品で、見ていると自分が体験したような気になり、思わず頭の中が子供のころにフラッシュバック、つい涙ぐみそうになりました。すばらしい作品でした。最後に嫁が与さんにサインと握手をしていただき、至極ご機嫌でかえってきました。
[PR]
by so-kobo | 2010-10-04 18:42 | ひとりごと
<< 日帰り温泉 あっち~、あっち~ >>