河口湖

9月5日に川口湖の与勇輝氏の人形館河口湖ミューズ館に行ってきました。
今にも話しかけてくるような人形でアラ還のおじさんはついノスタルジックな気分になりました。
おそらく明治か大正のころの服装ですが、我々が育った時代とオーバーラップしてくるところがありました。
小津安二郎監督や東京物語の配役者、倉本聡のニングルなど、
常時約80体の人形作品を展示。作者曰く長期間展示されていると作品が疲れてしまうため、
半年に一度(春・秋)展示替えを行い作品を保護しています。
(パンフレットから)ということです。
ちなみにJAFの証明書を持っていくと
入場料を割り引きしてくれますよ。

時間があったので辺りをすこし探索・・湖の中に橋が架かっていたのでわたって行くことにしました
すると、オルゴールの森美術館がありました。
必見ですよ!!
こんな事を言ったら笑われますがアラ還生まれて始めての体験でした。
b0102154_18104676.jpg

                      入り口の看板
b0102154_18123761.jpg

               駐車場のわきに咲いていた名前が解らないのですがきれいな木の実
b0102154_18134486.jpg

                   頭を雲の上に出す富士山です。。
b0102154_18144186.jpg

    時計台が4時を指すと扉が開き中から人形が出て太鼓を叩き、池では噴水のダンスが
                     始まります・・・ヨーロッパにきた感じがしました。
b0102154_18224745.jpg

                  壁一面のオルゴール、音のすごさは圧巻です
         全部の人形が一斉に音に合わせ楽器をならす、まるでオーケストラのよう
b0102154_18232841.jpg

                    このオルゴールも巾3.6MX高さ2.5Mぐらいあります。
1回に上記のオルゴールもこのオルゴールも2曲演奏してくれます(時間が決まっているので調べていってください)
最後は別館では(河口湖オルゴールの森コンサート)チェコの交響楽団の四重演奏を聞きました。
ロケーションもよく帰りにはバラ園の中を通り出口に、最後まで楽しませてくれた施設でした。
[PR]
by so-kobo | 2009-09-08 19:00 | ちょっとそこまで
<< ハルニレテラス 万座・草津方面 >>