元気・アラ環?

朝、ときたま散歩で近くの旧競馬場にいくと、一生懸命、歩いてくる男女を多く見ます。
手を大きく振り、大股の早足でしっかりバドックをけり、汗をかきかき通り過ぎていくさまは人間競馬の競演のようです(失礼しました)、帽子をかぶり、ジャージ姿で、テレビや雑誌でこの歩き方が良いというと、そのとおりに歩いているではございませんか、とても素直で気持ちが良いくらい忠実です・・・彼等は、そう見るからに、アラ環なのです。そういう私も俗に言うアラ環おじさんですが、競馬場のように塀(悪い事はしていません)に囲まれたところが嫌いでいつも道路をスポーツドリンクを片手に早足、ゆっくり、大股歩き、ゆっくり、側溝の蓋を2つ跳びと、毎回違った歩き方や、周りの景色の変化を見ながら歩きます。
歩きながら気付いた事は、新しい道路が抜けるとまず第一にできるのはコンビニ、次が美容院、中古車販売等と競争するように出店してきますが、最近は各店の出足がとても遅いのが気にかかっています、景気の余波?本波なのか、また、道路を歩いているとテナント募集、空き室ありの張り紙がとても多く見られます、土地にも同じように○○不動産、○○企画、○○会社等、思考を凝らした看板が百花繚乱でたっています。
こうして、アラ環おじさんははタウン・ウオッチングと散歩を一緒にしています。
第2の人生をスローに生き、元気に生きるアラ環・・・・・そうアラ環は体が資本なのです。
[PR]
by so-kobo | 2009-06-22 16:17 | ちょっとそこまで
<< カメラの修理 赤レンガパーク >>